新聞定期購読TOP>地方紙(ブロック) > 河北新報(宮城県)

河北新報(宮城県)

河北新報(かほくしんぽう)は、仙台市に本社を持つ河北新報社が
発行する日刊新聞である。朝夕刊。1897年(明治30年)1月17日創刊。

一力健治郎らが経営難の「東北日報」を引き継ぎ改題した。

宮城県の他、山形県や福島県など東北各県でも販売されている。


宮城県のローカル新聞としての性格が強いが、山形県、福島県、岩手県、
青森県、秋田県の東北6県でも販売・購読されており、ブロック紙として
分類される場合も度々である。

スパイクタイヤを全廃に追い込んだのは、河北新報の記事が発端であった事は
特筆すべき事項でもある。


内容としては、仙台市内や宮城県内の視線で書かれた記事も多く、
宮城県内では70%に迫る高い購読率を誇る。宮城県以外の5県では、それぞれの
県内のローカル新聞が強い。

ローカル面は、宮城県版が「みやぎ版」、宮城県以外が「東北交流ワイド」と
なっている。紙面の論調は、一般的な地方紙と同様に革新的である。しかし、
一方で、官側への媚も散見されると言われる。


>>河北新報の定期購読申し込み<<


本社所在地:仙台市青葉区五橋1-2-28 〒980-8660

Copyright (C) 2007 新聞映像メディア論. All Rights Reserved.