新聞定期購読TOP>新聞の区分, 地方紙(ブロック) > 地方紙についての説明

地方紙についての説明

地方紙(ちほうし)は、特定の地方を領域とする新聞を指す。
ローカル紙、ローカル新聞ともいう。対義語は全国紙(中央紙)。

領域の単位は、一個の都道府県単位で発行される物、都道府県内の一部地域で
発行される物、一個の市町村単位で発行される物など、多様である。

又、複数の都道府県を領域とする地方紙はブロック紙、一個の県を対象とする地方紙は
県紙と呼ばれる事もある。

尚、五〜十前後の市町村を領域とした(郡規模、若しくは小さい県規模の)地方紙には、
常陽新聞などがある。


特徴


紙面構成は概して、政治・経済・健康・娯楽(主にスポーツ)・社会・地域の六分野で
構成され、この点は全国紙とさほど変わりない。しかし、ニュースの配分が、
販売領域とする地方を重点的に置く事が特徴である。

但し、国単位のニュースや国際面は、その多くが共同通信社・時事通信社などから
提供された記事を掲載する事が多い。

総じて、関東や関西(一部地域に例外あり)では、全国紙のシェアが大きく、地方紙の
読者層は全国紙程は大きくない。しかし、他の地方では圧倒的なシェアを誇る。

又、郷土紙を自認し、全国紙を侮蔑する傾向もある。記事や社説も、市町村長・知事や
地方議会の動向や、イベントに関する内容が多い。政論よりも生活密着、とも言える。


代表的なブロック紙


北海道新聞(札幌)、河北新報(仙台)、東京新聞(東京)・中日新聞(名古屋)、
神戸新聞(神戸)、中国新聞(広島)、西日本新聞(福岡)

の七紙は、ブロック紙と呼ばれる。これは、一個の大括りの地方を領域とする事に
因んだ名称である。

公式的にブロック紙と公式に扱われている新聞、北海道新聞、中日新聞、西日本新聞の
三紙となっている。全国紙よりもローカル記事の比率が高くなるが、広範囲の地方を
網羅する為、総じて全国紙に準ずる規模となる。

Copyright (C) 2007 新聞映像メディア論. All Rights Reserved.